株式会社 ハウジングショップ北総

千葉県 香取市で注文住宅 住宅リフォームは「ハウジングショップ北総」介護リフォーム 外断熱工法(エアサイクル) テクノストラクチャー

対応地域

香取市を中心に千葉県内に対応

※上記以外の地域についてはお問い合わせ下さい。

 

HOME»  外断熱工法

外断熱工法

エアサイクルの家

エアサイクルの家

 

いつの時代にも人は快適な環境を求めてきました。
その願いは、住まいを雨露からしのぐためのものから生活の器として、そして心身に安らぎを与えれてくれる「場」として発展してきました。住まいは、そこに住む人のライフスタイルに合った便利さ(機能性)心地よさ、そして時の流れに耐える品質(耐震性)などその時代に要求に応えていかねばなりません。

今、地球温暖化が進み、環境を守るために自然の力を利用する意識が高まる中、注目されているのが太陽光などのエネルギーです。エアサイクルの家は、太陽と風を利用した健康住宅です。

 

夏 涼しさがかけめぐる

昔の家づくりは、夏を旨として作られていました。
夏は風通しのよい湿気の少ない大変住みやすい住宅でした。しかし、隣家が接近し環境が悪化した現代では騒音や排気ガスなどの問題が処理できません。冷房率も大変悪くなります。

断熱住宅に代表される「今風の家」は、夏の間、冷房によって涼しさを保ち、外の暑さをはね返しています。しかし、考えてみますと、寝苦しい夏の夜、外には涼しさがあふれています。冷房だけに頼るのはもったいないと思いませんか?

「エアサイクルの家」の夏の主役は風です。
夏はエアーオープナー(小屋裏換気口と床下換気口)を開き、空気層に涼しい風を取り入れます。日射による熱は家にこもらないよう、ただちに排出されます。特に夜の涼しい風は重要であり、集冷→蓄冷→放冷をくり返しながら快適な夏の居住空間を実現します。

 

昼 集冷と放冷

 

昼 集冷と放冷


・日中は、屋根と壁のエアサイクル層の空気が温度上昇にともない上昇気流となる。
・この力で厚い空気を小屋裏のエアオープナー(換気口)から屋外に放出する。
・床下の地熱の冷気を放出(放冷)するとともに、床下エアオープナーから涼しい空気を取り入れ循環させる。
・日射が強くなればなるほど対流は速さを増し、積極的に小屋裏用エアオープナーから熱気を排出する。

 

夜 集冷と蓄冷

 

夜 集冷と蓄冷

・夜間になると、小屋裏と床下の両方のエアオープナーから涼しい外気を取り入れ、家全体を包み込む。
・夜間に取り入れた冷気は床下や建物にため込み、昼間に温度が上昇すると蓄冷した熱を放出(放冷)する。

 

冬 あたかかさが包みこむ

高床式で開口部の大きな「昔風の家」では、密閉度が低く、冬の寒さは相当なものだったでしょう。
暖房の熱効率も悪く、部屋を暖めるというより、こたつや火鉢などで局部を温めることに重点がおかれました。

布基礎、アルミサッシなど、密閉度の高い「今風の家」は、断熱材に囲まれた断熱住宅が多くなっています。室内の暖かさは園に逃がさず、熱効率はよいのですが、逆に外の暖かさ(太陽熱)もひたすら拒絶し、電気やガス、灯油などのエネルギーに頼り切っています。

「エアサイクルの家」の冬の主役は太陽と生活熱です。 ご存知のように太陽は貴重な冬のエネルギー源です。
「エアサイクルシステム」は、太陽エネルギーを十分に取り入れ、集熱→蓄熱→放熱を繰り返し、暖かな快適居住空間を実現します。

 

昼 集熱と蓄熱

 

昼 集熱と蓄熱

・小屋裏と床下のエアサイクラーを閉じ、冷たい空気の侵入を防ぐ。
・日中、小屋裏や日射面で暖かい上昇気流が生まれると北側の日のあたらない部分のエアサイクル層に下降気流が発生する。こうしてエアサイクル層全体に対流が生まれ、暖かい空気が家全体を覆う。
・日中の暖かさは床下などに蓄えられる。
・年間を通じて安定した湿度のある地熱も積極的に利用する。

 

夜 放熱と断熱

 

夜 放熱と断熱

・日が落ちて外気の温度が下がると、エアサイクルボードが断熱効果を発揮して、内部で発生した熱を逃げにくくする。
・昼の間に、間仕切り壁、天井、床下に蓄えた暖かさを少しずつ放出(放熱)して住まいの温度が下がるのを防ぐ。



このように、エアサイクルボードは集熱と断熱の両面効果を持っています。

 

エアサイクルの家N様邸 施工の流れ

コラムベース基礎工法

 

コラムベース基礎工法

 

木造軸組工法

▲コラムベース基礎工法

 

▲コラムベース基礎工法

 

▲木造軸組工法

 

シャルーフ 屋根断熱材

 

棟換気ボックス

 

棟換気ボックス

▲シャルーフ 屋根断熱材

 

▲棟換気ボックス

 

▲棟換気ボックス

 

cmボード 室内側は空気の流れを考慮したダイヤカット

 

コラムベース基礎工法

 

外観

▲cmボード 室内側は空気の流れを考慮したダイヤカット

 

▲コラムベース基礎工法

 

▲外観

 

内装

 

トイレ

 

キッチン

▲内装

 

▲トイレ

 

▲キッチン

 

エアサイクルの家N様邸 完成

エアサイクルの家N様邸 完成

 

エアサイクルの家N様邸 完成

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問 お気軽にご相談下さい